太極拳範士 段位制度(太極拳指導者限定)

☆詳細はただ今準備中 

 

太極拳範士段位制度

【指導者限定】

 

目的

太極拳指導者のプロとして活動を応援します。

日本における武道武術の指導者の場合段位というのが一般的に評価となります。

空手の世界では指導者ならば100パーセント近くが段位(黒帯)を持っています。

太極拳でもプロとして仕事を受託する場合段位を聞かれることが多いです。

段位を持つことによりプロとしての活動の幅を広げましょう。

 

特徴

①料金は一切かかりません。

②ご自分の教室の生徒様を弊社の『選手権大会』『ジャパンカップ』『段位検定会』に出場させさせその評価により段位を決定する。(2019年8月末までは飛び段が出来る:六段まで)

③太極拳範士四段~九段まである。

 

評価基準

四段:生徒が一級を4名以上登録した場合。

五段:生徒が初段を五名以上合格している場合。

六段:生徒が弐段を六名以上合格している場合。

七段:

①生徒が参段を七名以上合格している場合。

②7年以上連続して全太連主催の大会に生徒が出場していること。

八段:

①生徒やお弟子さんで「太極拳範士」が3名以上いる場合。

②10年以上全太連主催の大会に生徒が出場していること。

※2019年の飛び段は六段まで可能。

※生徒の実力がその指導者の評価となる。

 

 

☆詳細はただ今準備中

 

太極拳範士段位認定申し込み

以下の項目にご記入ください

お名前 (必須)

フリガナ (必須)

性別 (必須)
男性女性

年齢 (必須)

電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

郵便番号 (必須)

住所1 (必須)

住所2 (任意)

申込内容をご記入下さい(必須)

記入例:
XXXXXXXXXXXXXXX
OOOOOOOOOOOOOOO