太極拳ジャパンカップ2017・中国伝統武術日本選手権

目 次
1.大会名 2.主催 3.後援 4.場所
5.日時  6.種目 7.表彰  8.特別表彰
9.2019年 第1回全太連オープン『武術世界選手権』日本代表選手認定規定
10.地区代表認定 11.段位認定 12.競技規定  13.エントリー
14.申込み手順 15.出場手順 16.審判員  17.宿泊等
18.観覧者様へ

参加申し込みフォーム

 

 

第1回全太連オープン

太極拳ジャパンカップ2017・中国伝統武術日本選手権

 

実施要項

 

1.大会名    

第1回全太連オープン 太極拳ジャパンカップ2017

第1回全太連オープン 中国伝統武術日本選手権

2019年第1回全太連オープン 武術世界選手権 日本代表選考会

※2018年度より名称を【武術ジャパンカップ2018】【WUSHU JAPAN CUP 2018】といたします。

※太極拳ジャパンカップと中国伝統武術日本選手権をまとめるためと中国武術全般の国際的名称である(WUSHU)にするのが国際大会を見据えた大会に必要なため。 

 

2.主催      

一般社団法人 全日本太極拳連合会

 

3.後援      

株式会社ウエキコーポレーション    

小熊商店株式会社

株式会社太極縁                

株式会社トウセイ 

株式会社ナセバスポーツジャパン   

株式会社ネスパ 

有限会社ブルーカラー(太極拳ウエア YUN) 

株式会社 ライフワン                        

株式会社   Ryu’s Bone(太極拳ウエア 福根) 

五十音順

 

4.場所      

東京武道館

住   所:〒120-0005 東京都足立区綾瀬3-20-1

電話番号:03-5697-2111

交   通:綾瀬駅東口下車 徒歩五分

tb_budo_main

アクセス

◯東京駅からお越しの方

  • 「東京駅」から東京メトロ丸の内線に乗り、「大手町駅」で東京メトロ千代田線に乗り換えて「綾瀬駅」へ。「綾瀬駅」から徒歩5分で東京武道館です。
  • 「東京駅」からJR山手線に乗り、「西日暮里駅」で東京メトロ千代田線に乗り換えて「綾瀬駅」へ。「綾瀬駅」から徒歩5分で東京武道館です。

http://www.tef.or.jp/tb/access.jsp

5.日時      

8月25日(金曜日)

 

 9:30 選手受付開始

10:00 観覧者受付開始

10:40 開会式

10:45 武術対抗競技のエキシビジョン(横浜武術院)

11:00 午前の部 自選太極拳、剣・刀(トーナメント方式)

 

①トーナメント制

※一組4名で3名の審判が旗判定し決勝戦進出2名を選出。

※2組ずつが同時進行となります。

※数字の1~8はコートナンバーです

※当日のプログラム掲載はフルネームとします。

              

11:00~11:17

自選太極拳(女性)部門

出場者 25名

第一組 1.三浦様 2.酒井様 3.石塚様 4.山崎(京)様

第二組 5.林様 6.原田様 7.久野様 8.小宮山様

第三組 1.金澤様 2.鎌田様 3.峯岸様 4.立木様

第四組 5.岸井様 6.奥隅様 7.成澤様 8.石原様

第五組 1.小林様 2.斉藤様 3.角守様 4.榎本様

第六組 5.土屋様 6.金田様 7.西脇様 8.山崎(日)様

※最高齢者 相田様が直接2回戦進出とし平等に4人ずつとしました

 

 

11:17~11:28

自選太極拳(男性)部門

出場者 16名

第一組 1.萩生田様 2.裏山様 3.山崎様 4.藤田様

第二組 5.下村様 6.高橋様 7.渋谷様 8.菊池様

第三組 1.木村様 2.佐渡様 3.御園生様 4.黄様

第四組 5.外館様 6.稲荷様 7.太田様 8.石塚様

抽選模様 ユーチューブ⇒参加者のみ公開

 

自選太極剣・刀(男性)部門

出場者 4名

※エントリー4名に付直接決勝戦へ

山崎様 佐渡様 玉寄様 関口様 

 

 

11:28~11:39

自選太極剣・刀(女性)部門

出場者 19名

第一組 1.山崎(昌)様 2.井関様 3.久野様 4.小林様

第二組 5.林様 6.酒井様 7.原田様 8.三浦様

第三組 1.山崎(日)様 2.榎本様 3.小宮山様 4.金田様

第四組 5.角守様 6.玉寄様 7.立木様 8.岸井様

※最高齢順に、相田様、土屋様、金澤様3名が直接2回戦進出とし平等に4人ずつとしました

 

 

 11:39 敗者復活戦(太極拳・剣刀

②ピックアップ方式

 

※審判6名で優秀者をピックアップし協議のうえ決定。

11:39~11:45

自選太極拳(男性女性)

※一回戦で敗退した方で希望者がチャレンジできます。

※男女各2名、合計4名が決勝戦に進出

 

11:45~11:51

自選太極剣・刀(女性)

※一回戦で敗退した方で希望者がチャレンジできます。

※二名が決勝戦に進出

 

11:51 ご来賓紹介

 

12:00 競技推手公開競技(全日本競技推手連盟)

              フリースタイル散打トーナメント(散打友好協会)

12:50 国交45周年記念『みんなで24式太極拳』

 

13:00 決勝戦 (打点方式)

伝統武術A⇒ 伝統器械⇒ 自選太極拳(男女)⇒ 自選太極剣・刀(男女) ※以上の順で

 

③決勝戦

※審判5名による打点制

※各部門優勝者(伝統武術A以外)は企業主催オープン大会の2019年武術世界選手権日本代表に選出

 

13:00~13:18

伝統武術A(男性)部門

出場者4名

松島様 安西様 宇野様 黄様

※形意拳に複数いる為、形意拳の最高得点者は2019年武術世界選手権日本代表として選出

 

伝統器械(女性)部門

出場者4名

土屋様 平井様 他2名(不確定)

 

伝統器械(男性)部門

出場者4名

望月様 宇野様 安西様 松島様

 

13:18~15:00

1.自選太極拳(男性)部門

2.自選太極拳(女性)部門

3.自選太極剣・刀(男性)部門

4.自選太極剣・刀(女性)部門

 

 

15:00 表彰式

15:15 みんなで練功18法(日本練功十八法協会 赤沢指導員)

15:30 特別表演

16:20 閉会式

※時間は参加者の人数や進行状況により前後する場合があります。

 

6.種目    

①自選太極拳 (男性部門)  ②自選太極拳 (女性部門) 

③自選太極剣 (男性部門)  ④自選太極剣 (女性部門) 

伝統武術A (男性部門)  ⑥伝統武術A (女性部門)

伝統武術B (男性部門)  ⑧伝統武術B (女性部門)

伝統器械  (男性部門)  ⑩伝統器械  (女性部門)   

 

①と②の『自選太極拳』とは

※下記の種目をすべて自選太極拳1種目として競技します。

※下記の太極拳種目を3分~4分以内にまとめて表演します。

A・24式太極拳         B・48式88式太極拳

C・42式総合太極拳      D・楊式太極拳

E・陳式太極拳          F・呉式太極拳

G・孫式太極拳          H・その他太極拳

例:24式は1番⇒8番に(2番~7番を省略)すると平均3分45秒

※種目ごとの競技ではありません。

※2019年世界選手権の日本代表選考になりますので予め種目の申告をお願いします。

 

③と④の『自選太極剣』とは

※全ての太極剣、刀を3分から4分以内にまとめて表演します。

 

⑤と⑥の『伝統武術A』とは

※拳式は【八卦掌】 【形意拳】 【八極拳】 【心意六合拳】より選択

※表演時間は1分~2分以内

 

⑦と⑧の『伝統武術B』とは

※拳式は【翻子拳】 【通背拳】 【劈掛拳】 【戳脚】より選択

※表演時間は1分~2分以内

 

⑨と⑩の『伝統器械』とは

※太極拳以外の伝統武術に器械を使用したもの

※【剣】【刀】【棍】【槍】【鞭】【扇】【双ヒ首】【双鈎】より選択

※表演時間は1分~2分以内

 

※2018年のジャパンカップより協議の上、種目を増やす予定です。

 

7.表彰      

自選太極拳部門 1位~トーナメント勝者全員の人数分 トロフィー、賞状

※男性:エントリー16名、トーナメント勝者は8名に付き1位~8位まで表彰

※女性:エントリー25名、トーナメント勝者は12名に付き1位~12位まで表彰

 

自選太極剣部門 1位~トーナメント勝者全員の人数分 トロフィー、賞状

※男性:エントリー4名に付き直接決勝戦(打点制へ)、1位~3位まで表彰

※女性:トーナメント勝者は8名に付き1位~8位まで表彰

 

伝統武術A部門  1位~3位 トロフィー、賞状授与(男計3名)

伝統器械部門      1位~3位 トロフィー、賞状授与(男女計6名)

※伝統武術・器械は部門ごと参加者が6名以下の場合表彰は2位まで、3名以下の場合は1位のみとする。

 

☆グランドチャンピオン

自選太極拳、剣の優勝者4名の中から最高得点を出した者

賞金10万円(目録)又は香港旅行(国際交流大会に合わせる)

トロフィー、賞状授与

※賞状は後日郵送するものとする。

 

8.特別表彰  

☆ベストドレッサー賞  

※協賛企業より高級ウエア、賞状授与(1名)

※出場者全員の中から大会委員が選考する。

※YUMのカタログよりお好きなもの上下を選択。

 

☆小熊商店賞     

『太極拳グッズプレゼント、賞状授与』

※太極拳、剣トーナメント敗退者の中から、中国国家一級審判により8点以上の実力があると判定された方。

 

☆太極縁賞  

 『おしゃれなチャイナバッグプレゼント、賞状授与』

※太極拳、剣トーナメント敗退者の中から、中国国家一級審判により8点以上の実力があると判定された方。

※賞状は後日郵送するものとする

 

9.2019年 第1回全太連オープン『武術世界選手権』日本代表選手認定規定

世界選手権での出場種目(以下の種目ごとに金メダリストが誕生します)

①24式太極拳  ②48式88式太極拳 ③42式総合太極拳      

④楊式太極拳 ⑤陳式太極拳  ⑥呉式太極拳

⑦孫式太極拳 ⑧その他太極拳 ⑨太極剣・刀

八卦掌  ⑪形意拳 ⑫八極拳 ⑬心意六合拳

⑭翻子拳  ⑮通背拳 ⑯劈掛拳 ⑰戳脚 ⑱伝統器械

※ジャパンカップ2017では上記種目ごとに日本代表を選考していきます。

 

①太極拳部門

※種目ごと一番上位の選手が世界選手権日本代表になります。

例:1位24式の選手 2位42式総合の選手 3位42式の選手 

4位陳式の選手 5位楊式の選手 6位楊式の選手 7位48式の

選手 8位孫式の選手  

世界選手権日本代表選考されるのは、1.2.4.5.7.8位の選手。

(例)認定書

②自選太極剣部門

※世界選手権日本代表選考されるのは、1.2位迄の選手

 

③伝統武術A部門

※種目ごと一番上位の選手が世界選手権日本代表になります。

例:1位八卦掌の選手 2位八卦掌の選手 3位形意拳の選手 

4位形意拳の選手 5八極拳の選手 6位八極拳の選手 

世界選手権日本代表選考されるのは、1.3.5位の選手。

※その種目に複数の選手の出場がある場合代表の権利を得られる

(例)認定書

④伝統武術B部門

※種目ごと一番上位の選手が世界選手権日本代表になります。

例:1位翻子拳の選手 2位通背拳の選手 3位通背拳の選手 

4通背拳の選手 5位翻子拳の選手 6位劈掛拳の選手 

世界選手権日本代表選考されるのは、1.2.6位の選手。

※その種目に複数の選手の出場がある場合代表の権利を得られる

  

⑤伝統器械部門

※世界選手権日本代表選考されるのは、1.2位迄の選手

※辞退した場合次の順位の方に代表権が与えられる。

 

※認定証は後日郵送するものとする

 

 

10.地区代表認定

トーナメント1回戦を予選大会とし、勝ち上がった方はその住所の代表選手として認定証を発行する。

例:東京都の住所の方 

『第一回全太連オープン 太極拳ジャパンカップ2017 関東代表選手として認定する』認定証は後日送付

【全6地区】 北海道東北代表 関東代表 中部代表 近畿代表 中国四国代表 九州代表

※認定証は後日郵送するものとする。

 

11.段位認定  

打点を基準に技能段位の認定を行う。『全太連認定基準』

※登録は任意

※2017年大会は、初年度に付、登録料は無料とする。

※登録料以外は費用が一切掛からないものとする。(年会費等無)

大会終了後、ご自宅に送付いたします。希望者のみ)

※太極拳、剣1回戦敗退者も7点以上か8点以上かの判定をして7点以上は武優一級位、8点以上は武優初段位を認定します。

2018年より登録料金は10,000円(税込)とします。

・個人認定登録の場合、全太連に10,000円お支払い。

・所属団体との共同認定登録の場合、所属団体に10,000円の支払いとなります。

・料金に関することは、年に一回の理事会により精査の上変更の場合があります。

 

一級位:自選套路又は規定套路の成績が7,0点以上。

(例)所属団体との共同認定証

 

初段位:自選套路又は規定套路の成績が8,0点以上。

 

二段位:自選套路又は規定套路の成績が8,5点以上。

 

三段位:自選套路又は規定套路の成績が8,7点以上又は拳と剣(器械)二種目行った場合の合計点数が16点以上。

(例)個人認定証

四段位:自選套路又は規定套路の成積が8,8点以上又は拳と剣(器械)二種目行った場合の合計点数が17点以上。

 

五段位:自選套路又は規定套路の成績が8,9点以上又は拳と剣(器械)二種目行った場合の合計点数が17,5点以上。

 

六段位:自選套路又は規定套路の成績が9,0点以上又は拳と剣(器械)二種目行った場合の合計点数が17,70点以上。

 

七段位:五段位、又は六段位を取得の取得した者が武術指導を100名以上行っている。

 

八段位:五段位、又は六段位を取得の取得した者が武術指導を500名以上行っている。

 

九段位:八段位を取得した者で、社会的貢献度を鑑み理事会にて決定する。

 

名誉十段位:武術普及におきまして大いなる貢献協力をいただいた方に贈呈。理事会において決定する。

※認定証は後日郵送するものとする。

 

 

12.競技規定  

『自選太極拳』 『自選太極剣』

(ア)1回戦はトーナメントで行う。

3名の審判による旗判定

組み合わせは参加人数によりA.Bから大会実行委員が選択する。 

A. 2名~3名一斉に行い1人選出  

B. 4名~6名一斉に行い2名選出

※旗の数が多い順に選出する。

※同数の場合は審判長の判定を優先する。

※(例)抽選により1回戦が24式と陳式が対戦したりする。

※トーナメント抽選会は8月9日13:00から行われる

(イ)自選太極拳と自選太極剣・刀には敗者復活戦がある。体育館を広く使い全員で一斉に行う。その中より審判が技量の優れた者をピックアップし協議し、決勝戦進出2名を選出する。

※希望者のみとする。

※安全を確保するための動き、接触等によるふらつき等は考慮しない。                               

(ウ)決勝戦は中国国家審判団と上級審判による打点判定。

(エ)一人当たり縦4メートル、横14メートルの範囲内で演武し開始位置、終了位置は問わない。

(オ)衣装は一般的な長袖の太極拳用の表演服とし、上下の色は 同じであるがデザインは自由とする。(グラデーション可) (花柄、龍のデザイン、スパンコールなど可能)(ケープ着用など不可)

ユーチューブは表演服の参考例

(カ)評価基準

『トーナメントの場合』

太極拳の本来の意味の演武をしているか。

※太極拳以外の動きで勁力や柔軟性を見せないこと

※その動作は安全性があるか

例1:虚歩の時に膝が内側に入る。

例2:弓歩の時に前側の膝がつま先よりも大きく前に出る。

 

定式や運勁のタイミング、リズム、スピード、バランス。

着眼及び集中力と風格。

動作中の美しい姿勢の維持。

精神的な内面部も評価する。(入退場の礼儀、姿勢や態度の美しさ)

基本的に太極拳流派や拳(剣)式などの違いにより評価の

違いが出ることなく、本人の技術を見て評価する。

以上の6項目から審判は総評し、演武者各個人同時に比較し旗判定により上位を決定する。

 

『打点制の場合』

中国国家級審判団と全太連が推薦する上級審判による判

断に委託する。

 

採点基準

配点と採点分類

※6点+2点+2点=10点(満点)

6点(動作規格)

・手型 歩型 手法 歩法 身法 腿法                     

・跳躍 バランス 各種器械操作 

・安全性 

例1:虚歩の時に膝が内側に入る。

例2:弓歩の時に前側の膝がつま先よりも大きく前に出る。

◆減点の範囲 (軽微0,1)(顕著0,2)(甚だしい0,3)

 

2点(発力 協調)               

・発力の充足 力の使い方の順達度              

・力点の正確さ 手、眼、身、法、歩の協調一致さ

・動作の鋭敏さ 運動の熟達度 沈着安穏さ 連貫円滑さ

◆減点の範囲 (軽微0,1~0,5)(顕著0,6~1,0)(甚だしい1,0~2,0) 

                                                

2点(精神 リズム)

・活力の充満 確立されたリズム            

・風格の突出度 内容の充実 構成の合理性      

・変化の多様性 配置の整合性 意識の集中 

・表情の自然さ 適度な速さ

◆減点の範囲 (軽微0,1~0,5)(顕著0,6~1,0)(甚だしい1,0~2,0)

 

失策による減点基準(◆減点の範囲)

『審判員が執行』

動作の忘却 (0、1~0、2)

剣穂・刀彩が身体に巻付き動作に影響(0,1~0,2)

器械が床にぶつかる(0,1~0、2)

「器械」を落とした (0、4)

ラインアウト(0、1~0、2)

コートの外に出てしまった(0,4)

バランスを崩す(0、2~0、3)

床へ倒れてしまった(0、4)

 

『審判長が執行』

やり直し(1、0)

途中退場(評価なし)

時間不足と超過 伝統武術 2秒につき(0、1) 

時間不足と超過 太極拳・剣 5秒につき(0、1)

 

『伝統武術A』 『伝統武術B』 『伝統器械』

(ア) 中国国家級審判団と全太連が推薦する上級審判によるによる打点判定

(イ)一人当たり縦8メートル、横14メートルの範囲内で演武し開始位置、終了位置は問わない。

(ウ)衣装は一般的な長袖または半袖の中国伝統武術用の表演服とし、上下の色は同じであるがデザインは自由とする。(ケープ着用など不可)

(エ)1~2人の選手が演武、5名の審判による打点判定

(オ)通常体育館の木の床のため器械を床に打ち付けない

(カ)打点基準は上記のものとする。

 

13.エントリー      

①エントリー受付期限

8月8日(火)必着定員になり次第受付を終了します。

②個人または団体申し込み

(ア)個人申し込み:個人または同じ団体の申し込みで1名~4名までの場合は個人申し込みとなりWEBまたはファックスでの受付となります。

(イ)団体申し込み:同じ団体での5名以上での申込みは団体申し込みとなり、ファックスでの受付となります。

③参加資格

本国内に在住する、武術愛好家、指導者等、団体、流派問わずどなたでも参加できます。

④選手のトーナメントのブロック抽選

8月9日13:00より本部道場にて執行役員立会いの下、厳正に執り行われます。

出場選手は入場、観覧、立会可能です。

 

14.申込み手順    

ホームページや郵送された資料(ホームページと同じ内容)で大会詳細等確認後、WEBまたはファックスにて出場申し込みをします。

お申し込み後、事務局より確認のメールまたはお電話を差し上げます。

確認後1週間以内に入金します。

エントリー数(3種目まで可能)と出場料金(税込)

1種目  5,000円 (例)太極拳のみ

・個人申し込みは、WEBまたはファックスにて。

・団体申し込み方法はファックスとします。

 

 

2種目  8,000円 (例)太極拳と太極剣両方出場

・個人申し込みはWEBまたはファックスで。

・団体申し込み方法はファックスとします。

 

 

3種目 10,000円 (例)太極拳と太極剣と伝統器械

・個人申し込みはWEBまたはファックスで。

・団体申し込み方法はファックスとします。

 

ゆうちょ銀行 

記号10570番号83124101 名義 全日本太極拳連合会

他金融機関からの振り込み

【店名】〇五八 【預金種目】普通 【口座番号】8312410

入金後8月15日までに、出場券、大会資料と観覧チケット

3人分(3千円分無償提供)を送付します。

8月15までにトーナメントブロック表等を送付します。

 

・料金に関することは、変更の場合があります。

 

15.出場手順      

大会会場に9時30分から自分の出場30分前までには到着し、受付を済ませる。

指定の更衣室にて着替える。

練習は第二武道場で行う。

自分の出場時間15分前には大武道場選手集合場所に集合し試合前受付カウンターにて名前のチェックを受ける。

不在の場合棄権とみなす。

前の組が試合コートに入った時点で次の組が準備コートに並ぶ。

司会者より入場の案内を受けたのち全員で礼をして入場し、演武する。

⑦トーナメント戦の場合、勝者は決勝戦の時間割を確認し準備する。敗者は敗者復活戦の準備をする。

 

16.審判員       

中国国家一級審判員と、全太連推薦の上級審判員により構成される。 

審判の打点に関しては審判団への委託制度とする。

審判員は公明正大を旨とする誓約をしたうえで執行される。

審判団

中国国家一級審判員

 

郭彭老師

北京体育大学院修士卒業

早稲田大学院後期博士課程

 

魏 強老師

 

張 紹偉老師

 

一丁老師

 

 

全太連推薦上級審判

徐 広林老師

JO-Studio主宰
北京体育大学大学院修士課程修了、体育学修士
国士舘大学大学院スポーツ・システム研究科博士後期課程修了
中国武術段位 六段
中国柔道国家一級選手

中央学院大学法学部非常勤講師を経て
現在は、国士舘大学生涯学習センター太極拳講師、
多摩地域を中心に、太極拳レッスンを主催する。

 

遠山 知秀老師

極峰拳社 主宰師範
陳泮嶺世界家族総会 日本理事
陳泮嶺武術三代目伝人
掛け試し稽古会 副代表
infinity Body college 講師

中学生で陳泮嶺伝太極拳・形意拳・八卦掌に出会って運動能力を開花させ、トランポリン競技でインカレ優勝全日本選手権入賞と活躍、各種採点スポーツの審判・コーチ・トレーナーを歴任。実用本位の武術修行で他武道・格闘技と交流して研鑽を積み、極峰拳社を創設。全日本散打選手権準優勝2名・技王賞1名・散打交流大会歴代最多得点2名・全日本散手選手権優勝1名・全日本競技推手重量級級2位1名・3位1名・無差別級3位1名を輩出。空手・キックボクシング・ボクシング・総合格闘技・レスリング・システマ・テコンドー・ジークンドー・中国武術各派の代表師範・プロ・現役選手等が毎月数十人集って、1日に数十ラウンドにも及ぶ交流稽古をする「掛け試し稽古会」副代表に就任。武術が内包する上達の本質と方法論を infinity Body college にて教授、水泳競技・トライアスロン他ジャンルを問わず多くの現役選手・指導者に影響を与え、各種大会優勝・入賞・記録更新に貢献。障害者体育、高齢者の介護予防・機能回復にも実績を有している。

 

陸 瑶老師

大陸武術協会会長
中国武術六段
呉式太極拳研究会会員
呉式太極拳六代目伝人
陳式太極拳二十代目伝人

1999年来日。日本語学校を経て工学院大学の研究生となる。
2001年結婚。八王子市や東京都内、神奈川県で、呉式太極拳・陳式太極拳・形意拳・カンフー体操・長拳・棍術・刀術・剣術・南拳などの指導を始める。
2004年中国武術研修会の大陸武術協会を設立。
2008年より全国的に教え始める。
2011年より本格的に程派八卦掌を学び。師匠劉敬儒。

※五十音順

公式計時

SEIKO

                    

17.宿泊等       

宿泊、交通費は自己負担とする。(主催者の斡旋は無)

東京武道館の駐車場は利用できますが有料となります。

 

18.観覧者様へ    

10:00 入場可能

観覧入場料(税込)1000円

 

☆三つの観覧者様特典☆

その1.太極拳用扇(龍と鳳凰大判)またはDVDプレゼント!

 

 定価1500円の商品

          

 

DVDの内容

24式が自宅でで練習できるDVD!

※劉一丁老師の背面動画付き!

日中の超一流武術家の特別演武を映像化!

※出演者は変更の場合がございます。

 

Ⅰ.劉一丁老師 

演目【24式太極拳】

LIU武術協会 会長

2000年全中国太極拳総合部門優勝

※素晴らしい劉老師の24式の演武を正面バージョンと背中バージョンの両方で撮影します。背中バージョンではその動画で自宅のテレビで練習しやすいようになります。

 

Ⅱ.徐 広林老師演目【陳式太極剣】

JO-Studio主宰
北京体育大学大学院修士課程修了、体育学修士
国士舘大学大学院スポーツ・システム研究科博士後期課程修了
中国武術段位 六段
中国柔道国家一級選手

日本国内や海外の大会で入賞優勝多数

パワーあふれる演武に注目です。

          

Ⅲ.張 紹偉老師

演目【楊式36式太極扇】

中日武術太極拳交流協会代表 

2001年全国武術太極拳試合中42式太極拳第1位

2001年国際太極拳試合中国陳式太極拳第1位。

※DVD楊式太極扇18式教学 楊式太極扇36式教学、DVD中

国競技舞龍舞獅試合規定教学(それぞれ中国で発売)

 

Ⅳ.遠山知秀老師 竹村秀敏総教練

演目【太極拳聯散手聯推手】

極峰拳社 主宰師範

武術の達人

実戦太極拳を学ぶと表演技術が格段にアップ!

武術が内包する上達の本質と方法論を infinity Body college にて教授。その確かな技術と指導力は太極拳指導者は必見です。

 

Ⅴ.陸 瑶老師

演目【呉式太極拳】

大陸武術協会会

中国武術六段

呉式太極拳六代目伝人

陳式太極拳二十代目伝人

日中の全国大会において常にトップであり続ける武術家

 

 

Ⅵ.魏 保強老師

演目【混元太極刀38式】

中国北京体育大学武術学部卒業

大分大学大学院経済学研究科修士課程修了

2011年 第三回北京国際混元太極拳交流大会金賞を受賞

2014年 第十回鄭州国際少林武術節銀賞を受賞

 

Ⅶ.成澤正治老師

演目【龍身蛇形太極拳】

中国武術研究院 横浜武術院 代表

日本華侘五禽戯倶楽部 主宰 

復旦大学武術協会日本分部 

上海 龍身蛇形太極拳日本分部

杜進老師、徐文忠老師、花妙林老師に師事。北京体育学院湖北省武術隊、北京武術隊、中国武術研究院との交流を盛んに行う。国内外で競技大会に参加、抜群の実績を上げる。

 

Ⅶ・彭 唯麗

演目【武当剣】

北京麗華太極拳協会 会長

様々な太極拳の大会で常に上位に君臨しています。

一日8時間の武術の訓練の成果をご覧ください。

訓練で練り上げた、柔かさと強さと美しさのある太極拳が見る者を圧倒します。

 

 

☆観覧者様特典☆

その2.様々なプログラムを楽しめる!

表演武術競技大会初のトーナメントとピックアップ方式

対抗性武術のエキシビジョンと公開競技

10:45 武術対抗競技のエキシビジョン(横浜武術院)

11:00 午前の部 自選太極拳、剣・刀(トーナメント方式)

11:50 敗者復活戦(太極拳のみ ピックアップ方式)

12:00 競技推手公開競技(全日本競技推手連盟)

      フリースタイル散打トーナメント(散打友好協会)

12:50 日中国交45周年記念みんなで24式太極拳

13:00 決勝戦 (打点方式)

①伝統武術A ②太極拳 ③伝統武術B ④伝統器械  ⑤太極剣・刀 ※以上の順で

15:00 表彰式

15:15 みんなで練功18法

15:30 特別表演

 

☆観覧者様特典☆

その3.参加して、楽しんで、健康つくり!

12:50からの24式太極拳と15:15からの練功18法は『参加自由』です。上履きをお持ちになるのがお勧めです。

 

皆様のご来場お待ちしております!

 

 

 

 

1回オープントーナメント 

太極拳ジャパンカップ2017・中国伝統武術日本選手権

開催にあたり

 参加各流派各団体の師範、老師、選手、後援企業、スタッフ、開催地の東京都には、深く感謝申し上げます。

 国、宗教、流派、団体、プロ、アマなど様々な壁を越えて自由に選手が集まり競技をすることが『オープン』の由来です。

 これから高齢化社会に突入する日本には、太極拳が国民間に一層普及する必要があります。

 この大会は太極拳の無差別(年代)と太極剣の無差別(年代)の男女別の競技大会となります。

大会を通して太極拳の普及が一層進むよう努力してまいります。

 

本大会会長

全日本太極拳連合会会長

空手道空林会最高師範

帝京科学大学教授

杉山渉

 

 

 

 

申込用紙のダウンロードは

個人用 団体用(団体様5名以上でお申し込みの場合)

 

お問い合わせはお気軽に

  047-711-5064 担当大塚

直通070-3085-2064(平日以外の担当直通)

info@zentairen.org

 

下記フォームからもお申込みいただけます

 


第1回オープントーナメント 太極拳ジャパンカップ2017参加申し込み

以下の項目にご記入ください

お名前 (必須)

フリガナ (必須)

性別 (必須)
男性女性

年齢 (必須)

電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

郵便番号 (必須)

住所1 (必須)

住所2 (任意)


参加種目選択(必須)1~5部門より3部門まで選択できます。各部門より1種目選択してください。

1.自選太極拳部門
 種目 24式48式88式42式総合楊式陳式呉式孫式その他

2.自選太極剣・刀部門

3.伝統武術A部門
 種目 八卦掌形意拳八極拳心意六合拳

4.伝統武術B部門
 種目 翻子拳通背拳劈掛拳戳脚

5.伝統器械部門
 種目 双ヒ首双鈎

ご質問等ございましたらご記入下さい(任意)

スパム予防の為こちらの文字列を入力してください。 (必須)

captcha