全国を六区域に分けた太極拳選手権大会

☆詳細はただ今準備中

 

 

 

第一回全太連インターネットオープン

全国選抜太極拳選手権大会 予選大会

1.北日本太極拳選手権大会

(北海道、青森県、岩手県、秋田県、宮城県、山形県、福島県)

 

2.全関東太極拳選手権大会

(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)

 

3.中日本太極拳選手権大会

(新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県)

 

4.全近畿太極拳選手権大会

(三重県、滋賀県、奈良県、和歌山県、京都府、大阪府、兵庫県)

 

5.中国四国太極拳選手権大会

(岡山県、広島県、鳥取県、島根県、山口県、香川県、徳島県、愛媛県、高知県)

 

6.全九州太極拳選手権大会

(福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県)

 

■東日本太極拳選手権大会(2月15日終了)

 

 

☆6月3日から9月30日まで全太連スタッフが全国を回り大会の個人演武の動画の撮影を行います。

☆全国選抜太極拳選手権大会予選と同時に地域ごとの大会となります。

①日本各地で太極拳の演武を撮影する。

②全国から集めた動画を10月1日~7日に本部道場にて上映し中国国家一級審判と上級審判合計3名で打点する。(最高点を引き、平均点とする)

③その打点を基準に順位を付けていく。各ブロックごとの太極拳選手権として優勝から6位までを表彰する。(同点の場合は年齢の高い方を上位とする)

④その打点を(武優段位制度)に適応し段位の検定とすることが出来る。⑤ ③④の両方エントリー、片方エントリーでも料金は同じです。

⑤上位の選手に第一回全国選抜太極拳選手権大会(12月1日日曜日 東京都 帝京科学大学)の出場権が与えられます。

 

 

出場要綱(大会案内及び武優段位、範士段位の説明会)

1.全太連スタッフが全国各地に出向き説明会後、選手の演武を動画撮影する。

※15名以上集まれば全国各地へ交通費無料で出向きます。

 

予定:時間場所などの詳細は準備中。

 

 

2.その動画を9月1日火曜から10月7日月曜で全太連本部道場にて上映し、上級、国家級審判団が打点をする。

 

※全国順位を出すのと武優段位検定を兼ねる。順位、検定は任意で選べる。※1位から6位までは賞状の発送をもって表彰する。

※全国順位上位の選手が全国選抜太極拳選手権大会の出場が出来る。

 

☆詳細はただ今準備中 

 

※審査会は出場選手に公開されます。

  

 

 参加申し込みフォーム

全日本選抜太極拳選手権(全国予選)参加申し込み

以下の項目にご記入ください

お名前 (必須)

フリガナ (必須)

性別 (必須)
男性女性

年齢 (必須)

電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

郵便番号 (必須)

住所1 (必須)

住所2 (任意)

申込内容をご記入下さい(必須)

記入例:
XXXXXXXXXXXXXXX
OOOOOOOOOOOOOOOOOO