太極健康法と気功体操のプログラム内容

高齢者も嬉しいプログラムがここに

ーーーーーーーーーー

 

目次

太極健康法と気功体操の特徴

太極健康法と気功体操のレッスンの流れ

太極健康法と気功体操のYouTube動画

全国47都市 太極健康法 無料体験会(2021年10月〜2022年3月)

全国47都市 気功体操  無料体験会(2022年 4月〜2022年6月)

オススメの理由

太極健康法と気功体操の伝統継承者と監修者

指導師養成コースの申し込み(各種全太連会員制度)

ーーーーーーーーーー

 

 

太極健康法と気功体操の特徴

 

⑴とてもシンプルで覚えやすい

⑵自分の健康にも良い

⑶安全性が高く安心指導

⑸自分自身もやっていて気持ちが良い

⑹レッスン毎のワンポイントアドバイスが自分の勉強にもなる

⑺足腰が丈夫に・姿勢が美しく・呼吸が深く・脳の体操に・心身の安定

⑻弊社の気功体操はスピリチュアル的でなくフィットネス的

⑼レッスンは立ったままでも完結出来、呼吸や心拍数は安定しコロナ対策になり安全である

⑽4000年の歴史があり奥が深く流行り廃りがない

◆使用名称は下記の6つの中から自由に選択出来ます

例:1・太極健康法 2・チャイナサイズ 3・中国式養生法 4・気功体操 5・中国健康法 6・気功法

ーーーーーーーーーーー

 

 

太極健康法のレッスンの流れ

①気血促進気功法:全身を摩る・リンパ節刺激・ツボを押す・健康意識の導入

②拍打気功法:全身を心地よく叩いて血流の促進(皮膚・血管・筋肉・骨への良質な刺激)

③スワイ体操:太極拳の基本功法でもあり、下半身を安定させて上半身を柔らかくする

④丹田呼吸法:丹田から発せられる意識→気→発力が健康と太極拳の上達をもたらします。

レッスン時間:15分〜45分と時間をコントロールできます。

使い方:スポーツクラブプログラム・高齢者施設健康指導・企業フィットネス・スポーツクラブプレコリオ

・太極拳レッスンの準備体操として中国の公園で行われています。

 

気功体操のレッスンの流れ

①気功体操第一:太極健康法のプログラムを15分程度のスピードで行います。

※気功体操の中に太極健康法は含まれます。

②気功体操第二:円身功(全身に円運動を入れて筋肉や関節を柔らかくします)

③気功体操第三:立禅(タントウ気功とも云われ下半身の強化、呼吸の調整、リラックス、集中力を養います)

④気功体操第四:丹田気功(丹田を温めて内臓の調整と免疫力の向上を図ります)(北京式伝統的健康法)

ーーーーーーーーー

 

 

YouTube動画

太極健康法のYouTube動画の一部(気功体操第一)

 

気功体操のYouTube動画

気功体操第二

気功体操第三

気功体操第四

ーーーーーーーーーーー

 

 

 

太極健康法と気功体操の指導師オススメの理由

 

『集まる』

高齢者にも大人気

 

『楽しい』

簡単にできて心地よく、リピーターが多い

 

『安全』

心拍数や呼吸が落ち着き、無理のない運動です

 

 

『中国4000年の歴史』

歴史あるものは廃れないで、飽きられない

 

 

『抜群の健康効果』

80歳を超えても生き生きと太極拳を楽しむ方がどんどん増えています

 

『簡単且つ奥が深い』

簡単なので誰でもすぐに取り組めて、やればやるほどどんどん楽しめていく

※企業や公園、高齢者施設、スポーツクラブと様々なところで太極健康法や気功体操が人気です。

 

『コロナの今にピッタリ』

その場で立って行い移動はなく、呼吸や心拍数は落ち着いた状態で、ツボ押しやセルフマッサージ等々で体調を整え、毎回の健康ワンポイントアドバイスでリピーター率アップ

 

『短期取得』

太極健康法:運動指導者の方は100分の講習会で指導資格取得

気功体操:太極健康法普及指導師の資格を取った方は100分の講習会で指導資格取得

 

※YouTube配信とオンラインサロンと直接指導を組み合わせて最短で指導能力と資格を取得しましょう。

※健康ワンポイントアドバイスをYouTube動画で覚えて当日会員様に伝えましょう

※会員様はワンポイントアドバイスでこのフィットネスの深みを知ります

 

 

『格安料金』

 

入会金 10,000円

月額   3,300円

 

太極健康法は通算3ヶ月で取得

気功体操は通算6ヶ月で取得

ーーーーーーーーーーーー

 

 

太極健康法と気功体操の伝統継承者と監修者

プログラム構成主軸伝承者:高継武老師(中国国家武術精鋭・伝統的北京式気功法国際指導者)

プログラム編纂:大塚丈史 (一般社団法人 全日本太極拳連合会 代表理事)

プログラム監修(安全性・健康効果):杉山渉帝京科学大学教授 (柔道整復学科 学部長)

ーーーーーーーーーー