全日本太極拳連合会の紹介

所在地事業内容役員紹

 

2019年度 スケジュール

7月14日 日曜日 全日本太極拳連合会本部道場 

『太極拳・中国武術 武優段位検定』

『全関東太極拳選手権大会予選撮影会』

『全関東中国武術選手権大会予選撮影会』

13:00~15:00

※当日段位認定証をお渡しします。

※希望者は全関東太極拳選手権大会(全国大会予選を兼ねる)のエントリー(指導者:有料 愛好者:無料)が出来ます。

 

8月5日 月曜日 東京武道館

『太極拳・中国武術 武優段位検定』

『全関東太極拳選手権大会予選撮影会』

『全関東中国武術選手権大会予選撮影会』

10:00~12:00

※太極拳指導者・中国武術指導者は、登録認定料無料

※後日段位認定証をお送りします。

※希望者は全関東太極拳選手権大会(全国大会予選を兼ねる)のエントリー(無料)が出来ます。

 

『各種特別講習会』

10:00~12:00

座太極拳 遠山知秀老師  3,000円

※座ってもできる、高齢者施設での指導にもオススメ

 

陳氏太極拳 安田洋介老師 3,000円

※日本では学べない太極拳の秘訣 大陸武者修行で得た、本場の練拳と身体文化 / 安田洋介著 出版記念講習会

 

養生18法  成澤正治老師 3,000円

※気功や健康法を指導したい方。

 

8月11日 9月8日 各日曜日 全日本太極拳連合会本部道場 

『太極拳・中国武術 武優段位検定』

『全関東太極拳選手権大会予選撮影会』

『全関東中国武術選手権大会予選撮影会』

13:00~15:00

※太極拳指導者・中国武術指導者は登録認定料無料

※当日段位認定証をお渡しします。

※希望者は全関東太極拳選手権大会(全国大会予選を兼ねる)のエントリー(無料)が出来ます。

 

8月1日~9月30日 全国都市を巡り、各地域選手権大会の動画撮影と段位検定

『太極拳・中国武術 武優段位検定』

※段位認定証は当日お渡しします。

※10名以上集まった場合、全国どこでも出張撮影します(離島は別途)。

※20名以上集まった場合、その団体の登録料金は無料といたします。

 

1.北日本太極拳(中国武術)選手権大会

(北海道、青森県、岩手県、秋田県、宮城県、山形県、福島県)

 

2.全関東太極拳(中国武術)選手権大会

(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)

 

3.中日本太極拳(中国武術)選手権大会

(新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県)

 

4.全近畿太極拳(中国武術)選手権大会

(三重県、滋賀県、奈良県、和歌山県、京都府、大阪府、兵庫県)

 

5.中国四国太極拳(中国武術)選手権大会

(岡山県、広島県、鳥取県、島根県、山口県、香川県、徳島県、愛媛県、高知県)

 

6.全九州太極拳(中国武術)選手権大会

(福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県)

 

■東日本太極拳選手権大会(2月15日終了)

※当大会各部門上位3位までに全国選抜太極拳選手権大会の出場権利を与えられます。

※一名キャンセルの場合、四位の選手に出場権利が与えられます

※ユーチューブによるエントリーも可能です。

 

10月1日~10月7日 全日本太極拳連合会本部道場

『太極拳及び中国武術打点大会』

※全国より集められた太極拳を含めた中国武術の動画で中国国家一級審判、全太連上級審判で打点をしていきます。

※各地域(六地域)ごとに順位を決めていき、選手全員には賞状の発送をもって順位の発表と代えさせて頂きます。

(順位にかかわらず賞状は発送いたします)

※各部門上位3名までに全国大会出場権を進呈します。

(キャンセルが出た場合4位の方に出場権があります)

※ホームページなどで順位などの名前を発表することは控えさせていただきます。

※出場選手は本部道場で観覧する事が出来ます

。※打点模様はユーチューブ、フェイスブック等でインターネットライブ動画配信いたします。

 

11月27日 水曜日 東京武道館

『全国クラブ太極拳発表大会』

※全太連友好団体優先出場

 

11月30日 土曜日 帝京科学大学

『日中友好オープン演武大会』

※日中の武道武術の祭典

 

12月1日 日曜日 帝京科学大学

『第一回 全国選抜太極拳選手権大会』

『第一回 全国選抜中国武術選手権大会』

※全国から集まった武術の精鋭による選手権大会

 

12月29日 日曜日 東京武道館

『第三回 太極拳ジャパンカップ』

『第三回 中国武術ジャパンカップ』

※総称 (WUSHU JAPAN CUP)

 

 

終了しました

2018年2月15日金曜日 東京武道館 

『東日本太極拳選手権大会』

6月6日 木曜日 東京武道館

『太極拳・中国武術 武優段位検定』

『全関東太極拳選手権大会予選撮影会』

『全関東中国武術選手権大会予選撮影会』

10:00~11:00

※希望者は全関東太極拳選手権大会(全国大会予選を兼ねる)のエントリー(指導者:有料 愛好者:無料)が出来ます。

『各種特別無料講習会』

11:00~12:30

42式太極扇 彭唯麗老師  3,000円⇒0円

※24式太極拳が出来る方

養生18法  成澤正治老師 3,000円⇒0円(12:00まで)

※気功や健康法を指導したい方。 

太極拳安全指導講習会 大塚丈史 全太連代表理事 3,000円⇒0円

※太極拳指導者限定

※この講習会を受講した方は太極拳指導者を認定される権利を持ちます。(太極拳範士三段の取得者)

 

6月9日 日曜日 全日本太極拳連合会本部道場 

『太極拳・中国武術 武優段位検定』

『全関東太極拳選手権大会予選撮影会』

『全関東中国武術選手権大会予選撮影会』

13:00~15:00

※当日段位認定証をお渡しします。

※希望者は全関東太極拳選手権大会(全国大会予選を兼ねる)のエントリー(指導者:有料 愛好者:無料)が出来ます。

 

 

2018年度 スケジュール

終了しました

 2018年5月27日日曜日

10:00~18:00 帝京科学大学(7号館最上階アリーナ)または3号館アリーナ

『第3回 日中友好 オープン演武大会 IN TOKYO』

日本武道と太極拳を含む中国武術全般の個人、団体の発表の大会

(オープン参加可能※団体所属などの壁はありません)

 

 

 2018年6月23日土曜日

10:00~18:00 和歌山県立橋本体育館(メインアリーナ4000人収容)

体育館の詳細は⇒http://www3.cypress.ne.jp/hp10703248/hasitai/hasitai-topA.htm

第3回 日中友好 オープン演武大会 IN WAKAYAMA

日本武道と太極拳を含む中国武術全般の個人、団体の発表の大会

(オープン参加可能※団体所属などの壁はありません)

近くに高野山がある緑豊かな場所

※メインアリーナは観客400人収容可能。

※近代的で広々空間。

※サブアリーナは練習会場

アクセス⇒http://www3.cypress.ne.jp/hp10703248/hasitai/access.html

 

 

2018年8月7日(火曜)

 

10:00~16:30 東京武道館(大武道場)

武道館の詳細は⇒https://www.tef.or.jp/tb/index.jsp

 『第2回全太連オープン 武術ジャパンカップ2018』

※WUSHU JAPAN CUP 2018

太極拳を含む中国武術全般の個人、団体の競技大会

(オープン参加可能)(太極拳個人部門3位以内には賞金授与)

 

日本武道館と共に東京を代表する、武道武術の殿堂

大武道場の神聖な空間

第二武道場は練習会場

アクセス⇒https://www.tef.or.jp/tb/access.jsp

 

太極拳ジャパンカップ※個人戦

 

太極拳マスターズジャパンカップ※個人戦

(年代別①60代 ②70代 ③80代 ④90歳以上)

 

太極拳クラブジャパンカップ※団体戦

(5名~15名)

 

伝統武術ジャパンカップ※個人戦

太極拳以外の様々な中国武術

 

(短兵ジャパンカップ)※ソフト剣を使った対抗競技

 

(その他中国武術)※検討中

 

(コートごとに各ジャパンカップ大会を開催)

 

※詳細は3月末に発表

 

 

 

全日本太極拳連合会とは

 

太極拳の普及活動をすることで、健康、社会貢献、同国民及び国際人的友好を促進する目的をもっています。

現在の所属組織、流派などにこだわらずどなたでもオープンに参加できる団体です。

2017年12月21日一般社団法人登記

(本社:千葉県松戸市西馬橋幸町34 木村ビル4階)

 

売り上げの一部をボランティア活動に提供しています。

※熊本・大分震災復興支援

 

 

 

(五つの理念)

 

  人や社会に思いやり

義  社会貢献

礼  礼儀礼節

智  日々精進

信  信用信頼

 

 

(目的)

全日本太極拳連合会(以下本団体という)は、太極拳の健全な発達とその普及をはかり、もって国民の身心の錬成に寄与することを目的とする。

 

(組織、流派の枠にとらわれない)

本団体は各流派、各団体、各個人の、『精神性』 『技術』 『風格』 等を尊重しています。

会員、会員外にかかわらずジャパンカップ、日本選手権、演武大会、太極拳クリニックに自由に参加することが出来ます

 

(信条)

本団体は、大会の際は、『公明』 『公正』 『正確』を期すものとし、裁判は国際級、国家級審判員団に委託、または全太連推薦の実力、実績のある方が行う事とし、実力が結果に反映されることを信条とします。 

 

 

本団体は前条の目的を達成するために以下の規約に基づき以下の事業を行います。

 

 

規約

 

制定平成28年9月1日

 

(名称)

第1条 この団体は、全日本太極拳連合会と称する。通称を「全太連」とする。

 

(本部道場及び事務局)

第2条 本団体は、主たる本部道場及び事務局を千葉県松戸市西馬橋幸町34 木村ビル四階におく。

150平米の本部道場

 

 

第2章目的及び事業

 

(目的)

第3条 本団体は、太極拳の健全な発達とその普及をはかり、もって国民の身心の錬成に寄与することを目的とする。

 

(事業)

第4条 本団体は、前条の目的を達成するために次の事業を行う。

 

(1)太極拳の普及奨励

※ 公園太極拳ボランティアの推進

※ スポーツクラブ、公共運動施設のアドバイザー業務

※ 初めての方にも受講しやすい簡化8式の開発

 

(2)太極拳の指導者の養成

※ 認定太極拳師範制度(2019年度より)

※ 養生十八法、呼吸八法の普及促進及び師範育成

 

(3)太極拳に関する調査および研究

※ 武仁集賢会

※ 初めての方にも受講しやすい簡化8式の研究開発

 

(4)大会および講習会等の開催

 

①武優段位検定

 

②各種大会開催

 

※全国各地の選手権大会(全太連インターネットオープン)

 

※全国選抜太極拳選手権大会

 

※ 武術ジャパンカップ(WUSHU JAPAN CUP)

 

※ 日中友好 オープン演武大会     

 

※ 東京国際太極拳交流大会     

(2021年予定)

 

③太極拳師範認定制度

 

(5)ホームページでの各種案内

 

(6)その他目的を達成するため必要な事業

 

※この事業は、本邦及び海外において行うものとする。

 

(事業年度)

第5条 本団体の事業年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。

 

(事業計画)

第6条 本団体の事業計画は、毎事業年度開始の日の前日までに、代表が作成する。これを変更する場合も、同様とする。

2.前項の書類については、主たる事務局に、当該事業年度が終了するまでの間備え置き、一般および会員の閲覧はホームページからとする。

 

(役員の設置)

第7条 本団体に、次の役員および顧問、会計人を置く。

 

 

役員紹介

(1) 会長 杉山 渉 氏

%e6%9d%89%e5%b1%b1%e3%81%95%e3%82%93

帝京科学大学 教授

空手道空林会最高師範

空手道七段

琉球古武道六段

居合道四段

柔道三段

詩吟道初段

歯学博士

太極拳師範認定試験検定官(2018年度より)

  

 

(2) 名誉顧問 高 継武 老師

DSC_0201

中国武術八段 

北京市武術協会八卦掌研究会会長

中国民間武術連合会副主席

英国・中定国際伝統武術協会名誉会長

北美唐手協会八卦掌研究会高級顧問

国際高氏武術連盟主席

 

 

 

(3) 技術顧問  李 暁明 老師

李老師(中国) 

 

 

 

 

 

 

 

 

高継武老師の高弟

八卦掌、太極拳などの種目で、中国武術国内、国際大会で優勝多数

温厚な人柄で指導力は抜群

 

(4) 理事長  大塚 丈史

%e5%a4%a7%e5%a1%9a

九州の大分県由布市出身

格闘技の家系に生まれる。(1964年生)

祖父の大塚大蔵は相撲道場主、柔道家の父の大塚はじめ(由布高校柔道部設立者)から幼少期より厳しく柔道を学ぶ。

中学より少林寺拳法、高校から極真空手、極真空手をベースにしながらボクシング、キックボクシング、太気拳(中国では大成拳または意拳と呼ぶ)を学ぶ。

太気拳の奥深さを知り、中国武術に傾倒し現在は太極拳と八卦掌を学び続けている。

武道、武術の指導や運動指導は33年になる。

中国内家拳(太極拳、八卦掌、大成拳)の大家の高継武老師より六代継承を授かる

空手道選手権、武術競技、運動競技などの成績  優勝18回,入賞多数

太極拳の全日本選手権大会では自選部門で2008年より五位、四位、三位2回、準優勝2回

 

若年の頃の格闘技の指導 

踵落とし中

    

 

 

 

 

17年続く早朝公園太極拳のボランティア活動

早朝公園太極拳の指導

 

 

 

 

 

本部道場、快晴太極拳教室での指導

日中友好オープン演武大会の開催

 

※第一回大会 代々木国立競技場

 『みんなで太極拳』のコーナー

 

 

 

 

※第二回大会 帝京科学大学ビックアリーナにて

みんなで練功18法と24式太極拳のコーナー

 

第一回全太連オープン 太極拳ジャパンカップ2017開催

中国国家級審判団

多数の観覧者様来場

武道武術の殿堂、東京武道館にて

 

 

『これから高齢化社会に突入する日本には、太極拳が国民間に一層普及する必要があります。

太極拳には、身体の健康、心の健康、脳の活性化に多大な効果があります。

普及するには何をすべきかを知り、行動していくのが、武道家、武術家の責務です。

武仁集賢会で良い意見を集め、実行していく勇気をもち、社会貢献につなげていく士魂こそが武人の務めと確信しています。』

大塚 丈史

 

 

(5)監事         1名 角守夕佳

 

大会や講習会イベントを支えるスタッフのみなさん

 

 

(役員の職務及び権限)

第8条 役員は役員会を構成し、この規約で定めるところにより、職務を執行する。

2.代表は、この規約で定めるところにより、この団体を代表し、その業務を執行する。

 

(顧問と相談役)

第9条 この団体に、任意の機関として、顧問と相談役を置くことができる。

 

2.顧問及び相談役は、次の職務を行う。

① 代表の相談に応じること

② 役員会から諮問された事項について参考意見を述べること

③ 顧問及び相談役の選任及び解任は、役員会において決議する。

④ 顧問及び相談役の報酬は、無償とする。

 

(構成)

第10条 役員会は、代表が任意の有識者の中から臨時に評議員を選出し、役員会を開催する。

 

(権限)

第11条 役員会は、次の職務を行う。

(1)本団体の業務執行の決定

(2)従業員の職務の執行の監督

 

(招集)

第12条 役員会は、代表が招集する。

 

(決議)

第13条 役員会の決議は、代表と評議員の多数決をもって行う。

 

(会員)

第14条 本団体は、個人会員と団体会員(友好団体)を置くことができる。

2.会員に関する詳細は、別途定める規程(HP会員募集ページ)によるものとす

る。

 

(運営)

第15条 本団体は諸問題が発生した場合は、随時会議を開催して審議を行い、そ

の議事は出席者の過半数の同意をもって決定する。

 

(財務)

第16条 活動に必要な資金は、会計人が適正に管理を行い、毎月定期に代表の閲覧を受けるものとする。

 

(罰則)

第17条 会員が本規約及び会員規定に違反し本団体の名誉を傷つけまたは秩序を乱した場合、本団体は特別委員会を設けてこれを調査し、その報告に基づき役員会の議決より警告、権利の停止または除名を行う事が出来る。

 

(改正)

第18条 この規約は構成員の過半数の同意をもって改正することができる。

 

協賛企業

株式会社 ウエキコーポレーション

小熊商店 株式会社

株式会社 太極縁

株式会社 トウセイ

有限会社 ブルーカラー(太極拳ウエアー YUN)

株式会社 ライフワン

株式会社 ナセバスポーツジャパン

※五十音順

 

 

 

お問い合わせはお気軽に

 047-711-5064 担当大塚

info@zentairen.org